潔癖症の場合、少し汚れがあったり、ごみがあったりする時になるそうです。ですから、スナック菓子を食べるのも大変です。袋から出すときにぱらりと落ちますし、食べているときに口元

共働きの為、手抜き家事の床掃除になってます。

家事において静かに床掃除が出来る道具を使う

潔癖症の場合、少し汚れがあったり、ごみがあったりする時になるそうです。ですから、スナック菓子を食べるのも大変です。袋から出すときにぱらりと落ちますし、食べているときに口元からぱらりと落ちます。手にもついていますからどこかを触ればつくことになります。ある人は自宅でスナック菓子を食べるのを禁止しているそうです。娯楽の時には欠かせないものですから少しさびしい生活です。すぐにきれいにすることが出来れば、問題も解決すると思います。

リラックスするときといいますと夜が多いです。そのときにスナック菓子を食べて床を汚してしまいました。非常に気になります。掃除機で床掃除をすれば簡単にきれいにすることができます。しかし音が非常にうるさいです。家の中でも響きますし、集合住宅なら左右、上下に響くこともあります。マナーとしては夜には使わないようにしなければいけません。ではどうすればきれいにすることが出来るかです。100円ショップやホームセンターで売っている家事の道具を使います。

それは、テープタイプになっている道具です。ローラータイプになっていて、転がすとどんどんごみや汚れがテープ部分についてくれます。こちらの良いところは、じゅうたんの汚れを取ってくれるところです。また、ペットの毛なども取ってくれます。ローラーはたって転がす長いタイプと、座りながら転がす短いタイプがあります。周辺だけの場合は短いタイプ、部屋中を行いたいときは長いタイプを利用すると効率的です。汚れればテープをはがせばよいです。

注目情報

Copyright 2017 共働きの為、手抜き家事の床掃除になってます。 All Rights Reserved.