空気中に浮いているほこりについて、人が行き交っていたり、何らかの風あるときには、空気中にとどまっていることがあります。人がいなくなれば、空気中の動きもなくなります。空調器

共働きの為、手抜き家事の床掃除になってます。

家事でのフローリングの床掃除は水ぶきで行う

空気中に浮いているほこりについて、人が行き交っていたり、何らかの風あるときには、空気中にとどまっていることがあります。人がいなくなれば、空気中の動きもなくなります。空調器具なども止められます。そうなるとそれらはどうなるでしょうか。いくら軽いものでもどんどん下に落ちていきます。外出などが多いのであれば、それまで浮いていたものがどんどん下にたまっていくことになります。そのままだとほこりが蓄積していくことになります。

そこで家事としては、床掃除をすることになります。それぞれの素材によって方法が異なってきますが、フローリングの場合はどのようにして行うのが良いでしょうか。掃除機を利用することが考えられますが、問題があります。それは舞い散ってしまうことです。掃除機は後ろから空気が出されることがあります。その空気で床にたまっているほこりを舞い散らしてしまうのです。これから吸い取るときに舞い散ってしまうと、吸い取れないことになります。

そこで、水ぶきで行うようにします。ぞうきんを固く絞って、そちらで拭きます。そうすると、どんどんほこりが付いていくのがわかります。一回拭けばすっかり真っ黒になっているかも知れません。余裕があるのであれば、もう一度拭くとさらにきれいになっています。体勢がつらいことがありますが、そのときはモップなどを使うと楽に行うことが出来ます。拭いた後は乾燥させたいですから、窓を開けて風通しを良くしておきます。

注目情報

Copyright 2017 共働きの為、手抜き家事の床掃除になってます。 All Rights Reserved.